資格・サプリメントアドバイザーの試験内容

サプリメントアドバイザーの試験内容

必須科目

・栄養学(特に臨床栄養学):生活習慣病、他の疾患と臨床栄養学
・公衆衛生学(食品衛生学、疫学)
・国内外の関連法規
・臨床薬理学(副作用を含む)
・食品成分の機能と科学的根拠
・サプリメントの素材とその最新情報

選択科目(下の3科目の中から2科目を選択)

・基礎の生化学
・基礎の生理学
・臨床カウンセリング法

サプリメント摂取に関する専門知識と資格取得なら
JNFのサプリメントアドバイザービジネスコース


■日本ニュートリション協会
■〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15杉山ビル

▲このページのトップへ

資格・サプリメントアドバイザーの目的

サプリメントアドバイザーの目的

平成14年2月に厚生労働省がサプリメントアドバイザー育成に関する
ガイドラインを出しました。

「多種多様なサプリメントが販売されてる中で、消費者の方が自分の健康増進の
目的に合ったサプリメントを安全かつ適切に選ぶ為に成分の機能や活用方法等の
情報を正しく提起できる助言者の育成が必要」との見解からでした。

これを基に日本臨床栄養協会という所でサプリメントアドバイザー認定試験
ができたのです。

で、簡単にサプリメントアドバイザーの目的を書きますと、
「しっかり勉強して消費者の方が、いいサプリメントを選べるように、
まともな情報を提供しなさい」ということです。

サプリメントアドバイザー認定試験の無料資料請求はこちらから!



■日本ニュートリション協会
■〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15杉山ビル

▲このページのトップへ

日本ニュートリション協会とは?

J N F(日本ニュートリション協会)は、アメリカ・カリフォルニア州に本部を持ち
NNFA(National Nutritional Foods Association)の正規会員である
ISNF(International Sports Nutrition Foundation)と連動しながら、
日本におけるスポーツや健康、美容分野において、栄養摂取を考えている
全ての方々へのアドバイスや栄養指導をサポート、バックアップをしています。

ご存知のように、スポーツの世界では「食べ物によって、スポーツの歴史が変わる」
とまで言われ、健康維持や美容の分野でも摂取栄養素が注目を集めています。

また、医療の分野でも国を上げて予防医療の必要性を説くなど、我が国でも栄養
(ニュートリション)摂取の問題は大きくクローズ・アップされています。

既にアメリカでは、スポーツ選手に限らず、一般の人々までが健康や美容を目的に
「ビタミン・ミネラル」等の摂取方法のアドバイス、カウンセリングを受ける
システムや人材が日常的に整備されています。

当然、日本でも近い将来アメリカ同様のシステムや人材の需要が
拡大することが予想されます。

現状の健康ブームを見る限り、その普及はかなり遅いように感じます。

日本ニュートリション協会は米国の豊富な栄養学に基づく経験と実績を
もってそのシステムや人材の開発を推進すべく活動する団体です。

資料請求無料!日本ニュートリション協会

■日本ニュートリション協会
■〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15杉山ビル

▲このページのトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。